2011年09月14日

てんちょの得意分野は情報発信?!

志緒里のてんちょでございます。
相馬市内で喫茶店を営んでおります。よろしくお願いいたします。

さてさて、今回の震災で一躍注目された、Twitterやfacebookですが、使ってますか?
それでも、このブログをご覧になられているのなら、もう既にネットの海を自由に泳がれている方々なはず。

大都市に比べたらまだまだネット環境のインフラ整備は遅れている相馬市ですが、震災後電話回線すらままならない中、
Twitterなどでの情報が役に立ちました。なかには嘘の情報もあり振り回された人たちもいましたけど。

先ずは、上手に情報を得る、そして、自らも発信する。そんななかから繋がりは生まれてきます。
最初は小さな繋がりかもしれませんが、やがて大きな繋がりとなり、もしかしたら日本を動かしてしまう事が出来るかもしれません。
実際、海外では革命が起こって、独裁政府をたおしてしまったのですから。

ネットにはTwitter、facebook、mixi、blog、などなど手軽に始められる情報発信のツールがあります。
どれか一つだけでなく、それらを組み合わせれば、さらに可能性は広がっていきます。

TEAM ONE LOVEとしてだけでなく、志緒里でも勉強会や入門講座、交流会などフォローしていきますので、よろしくお願いします。
posted by てんちょ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | てんちょ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

わんらぶ活動内容


TEAMの言い出しっぺスターティングメンバーは3人。

私ホズミと

ルーシー先生と

志緒里のてんちょ。


震災2日前が最後になった夜cafeで
夜な夜なしゃべってた。

まぁよくネタがなくならないもんだと思いながら。


それぞれ仕事も趣味も生き方もバラバラ。

これから何をしたいかの方向性は似ている。


元々の得意分野を軸にして
今度はもっと目に見える形で全てを動かしていく。


わんらぶミッション.jpg



どれも複雑に干渉し合う分野なので
私たちの連携の腕の見せ所です(プレッシャーかけてみる)

始まると同時に企画が進行してるので
なかなかチームの話を書けずにいます。


ちょっとずつほかの2人もここに登場していくと思いますので
要チェックです(・∀・)




posted by hozumi at 23:34| Comment(1) | TrackBack(0) | about ONE LOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

【告知協力】9.9〜福島の未来へ2011〜@郡山


〜福島の未来へ2011〜 
『福島のために、子ども達のために今出来ること』


あの311を境に、この福島県は大きく変わってしまいました。
いのち、お金、モノ、繋がり、絆をも揺るがしてしまった今、もう一度人と人と
の繋がりを取り戻し、これからの子どもたち、若者たちが生きていく為に必要な
こと学び、そしてどう行動したらいいのかを一緒に考えてみませんか?


■9月9日(金)9時30分開場


【参加費】無料出来ましたら500縁以上のカンパをお願い致します
※みなさまからお預かりしましたカンパは、福島の子どもたちの為の活動に使わせて頂きます。

【定員】500人 満席になり次第締め切らせて頂きます。
【会場】迎賓館グランプラス
〒963-0102 福島県郡山市安積町笹川字雷堂10-3
アクセス→http://bit.ly/nXawBq





★第1部★  開演10:00〜12:00

『今こそ、日本再生』

〜心ひとつに、希望の未来を切り開こう〜

講演:田中優

唄:南ぬ風人まーちゃんうーぽー



★第2部★  開演12:30〜15:30

『出会いこそ宝である。人のご縁ででっかくいきろ!』

講演:中村文昭、てんつくマン



★第3部★  開演15:40〜17:00

福島の未来へ2011〜

『子ども達ために、今出来ること』シンポジウム

今、わたくしたち大人に何ができるのか?

大人として子どもたちにどんな福島をつくっていくのか。

各分野で活躍中の4人と一緒に考えてみませんか。

【出演者】 田中優、てんつくマン、中村文昭、まーちゃんうーぽー



★第4部★  19:00〜21:00

【動けば変わるワークショップ】

日時:9月9日(金)19:00〜21:00

場所:しゃぶしゃぶ温野菜 横塚店

〒963-8803 福島県郡山市横塚2丁目1?6

024-941-0818  http://bit.ly/o66c6V

参加人数:80人限定

参加費:3500縁

※ワークショップ後、講師と簡単な懇親会がございます。(21:00〜23:00)



【すべての参加方法】 事前予約制です。

※キャパを超えた場合は先にお申込みされた方を優先させて頂きます。

※また予約なしではご入場できない場合ございますので、ご了承くださいませ。



<パソコン用フォームURL>

http://ws.formzu.net/fgen/S84302976/

<携帯電話用フォームURL>

http://ws.formzu.net/mfgen/S84302976/





◆すべてのお問合せ先◆

【主 催】NPO『はっぴーあいらんど☆ネットワーク』

【連絡先】090−9475−6411(うえき)

【メール】gogoueki@gmail.com

【共 催】『心援隊』  『め組Japan』『MAKE THE HEAVEN』

【協 力】しゃぶしゃぶ温野菜



イベント詳細・出演者プロフィールなどはこちらから
http://ahaha.365blog.jp/e390418.html






第1部は相馬でも大盛況だった田中優さん講演&まーちゃんライブ!

相馬講演の様子はこちら
http://napia.seesaa.net/article/214345344.html


6月に伊達市で開催された豪華イベントの郡山アクション。


※ホズミもスタッフで参加します。
  朝早いけど一緒に行きたいな〜って方はご連絡ください^^
mailonelove@gmail.com


posted by hozumi at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

梨が売れないって。


ホズミです。

松川浦ゼミナールの2回目が終わりました。
録画した動画を、メンバーてんちょが編集してくれてる頃でしょう^^

報告もありますし

たくさん告知、発信したい情報があるし

逆に欲しい情報もあって協力をお願いしたいし

今日明日にかけてがっつり更新します(きっと、きっとだよ!)。



おかん業一段落して
部活動たるONELOVE業務を始めようとするのが
だいたいこの時間になる。(22:07なう)

NHKで震災関連のドキュメントが放送される時間と重なるので
目も耳も奪われます。

今夜は名取市閖上中学。

テレビやラジオ、うちは新聞は取ってないのでないけど
インターネット上にも毎日たくさんの現実や
人の後ろにある背景、物語があります。

涙をガマンするのに
眉間にシワを寄せる癖がついて
顔が怖い今日この頃。



うずくまって泣いてても始まらないから。
(今度カラオケ行ったら歌うつもり←わかる人きっと仲良くなれる)

だって。
あとからあとから
どうにかしたいことが降ってくるから。


梨が、出荷できないそうです。

まだなんの補償の話もない。



半年経って
季節が変わって

ほんとなら、ちょっとずつ
よみがえってくる
まちの隅っこで
そんな話題がでてきていい頃なんだろう。


不安が
カタチを成して
現実になってしまう。
収穫の秋は、
そんな辛さを孕んで。

風評も
実害も
てんこもりな
秋の入り口。


祈るような気持ちで
育てた作物を測定にかける。

びくびくしながら。

たとえ、国の基準をクリアしても 
売れる確信なんてないけど。


何屋がいちばん大変かなんて
比べる話をしてたひとがいたけど
ソレなにに必要?


ちゃんと知って
考えて、いいと思うことを実行する。
ちっさくても。


比べてる暇はないの。
ダメ元でも、ゆってるだけじゃなくて
やってみるよ。

ワタシはそのほうが
いいと思うから。



そんな中でも。



この度の台風の被害の大きさに
気持ちがきゅってなります。

助けてくれた人
支えてくれてる人の中にも
被害があった人がいるかもしれない。


心配、です。



優しくされた分
優しくなれるものなら

福島のひとは
被災地のひとは

いくらでも優しくなれると思うんだ。



優しさや
想いを
受け取ることばかりに
慣れてしまわないように。


世の中で
一番苦しいのは
自分だなどとは
ユメユメ思わない。


そこ、とっても大事だ。


忘れないでいようねー。
(自分に言い聞かす)

posted by hozumi at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | hozumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

【EVENT】9.4 松川浦ゼミ「危機を乗り越えた町のデザイン」


【第2回松川浦の未来を語るゼミナール】

「危機を乗り越えた町のデザイン」 
   〜伊藤香織氏(東京理科大准教授)講演会〜


世界には様々な危機があり、それによって大きなダメージを受けてきたまちがたくさんあります。
しかし、それを乗り越えて良いまちを作っていこうという意志を持った人たちがいることもまた事実です。
自然災害だけでなく、戦災、爆弾テロ、貧困と麻薬犯罪、独裁政治など、危機を乗り越えてまちを再生した
世界の事例をご紹介します。
地域の良さを見つめ直しつつ、まちの未来のために、新たな空間デザインの可能性を、
参加者の皆さんと一緒に考えてみたいと思います。



【日時】 9月4日(日) 13:30〜

【会場】 福島県相馬市総合福祉センター「はまなす館」 2F会議室

         (相馬市小泉字高池357  0244-35-1905 )

  入場無料  先着100名




申し込み・お問い合わせは実行委員会事務局まで
 

◎主催:松川浦の未来を語るゼミナール実行委員会 
  〒976-0022
  福島県相馬市尾浜字南ノ入241-3 NPOフー太郎の森基金内
 TEL/FAX 0244-38-7820

◎後援:相馬市 相馬市教育委員会





毎月1回・全8回にわたり、このまちに生き、暮らしていく私たち自身が
自分たちのまちを希望溢れるものに再建していくためのビジョンを
各方面のオピニオンリーダーに学び、そして考え、語るゼミナール。


先月開催のゼミナール初回講演は、
佐藤栄佐久氏(前福島県知事)による「原子力と地方自治」についてのお話を
伺いました。


栄佐久氏は福島原発のプルサーマル化に反対の立場を取り続けていました。

そのため、推進派に失脚させられたのだ、と
いう話も耳にします。

いわき市で開催されたハイロアクションのイベントなどでも
その胸の内や、長年この自治体の首長として葛藤した日々のことを
打ち明け始めた栄佐久氏が、この相馬で語った貴重な講演内容を動画配信しています。

こちらから↓
USTREAM 松川浦の未来を語るゼミナール
BY.Somania TV



どうしたらいいかわからないとき
そのスジの詳しい人に聴くのが一番です。


知りたいことは勉強しましょう。

知らないとどうするか考えることもできないからね。




当日、ホズミも会場におります。
進行係です。

動画配信担当は、わんらぶメンバー・志緒里店長です^^



未来を、創れるとしたら
どうしたい?

ちょっとだけ
自分のこととして
まちのことをイメージしてみる。


このゼミ、若者不足中なんです。。。。

助太刀しに来てほしい。。。

日曜、13:30、はまなす館。


よろしくです!!!












posted by hozumi at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

発信準備の途中のキモチ

ホズミです。

このブログは始動メンバーで共有しています。


それぞれの本職ブログもリンクしましたが

各自仕事も生き方も考え方も別々なヒトたちが作ってる居場所なので
想いの発信もそれぞれが出来るように、と思います。

近々メンバー紹介書きますね。






「考えて、いいと思うことを実行する」

泣きたいほど、本気で支援してくれている方のブログに在った言葉です。


シンプルだけど
出来なくていたこと。




やってみようと思うんです。できることはどれでも。

ここにいるからできること。
ここにいるならすべきこと。



震災3日後、私はここを出て避難しました。
拠点をここに戻したのは4月も半ば過ぎ。
何もできないことが苦しかった。


頑張ってるねって言う人もいるけど
出来ることがあるのは,
私は気が楽なんです。



進行中のことをチームで共有しながら
発信・実現・改善できていくようにする。

その準備を始めてます。




進行中・計画中・生まれたてのもの
とりあえず今現在手元にあること。
新しい依頼も来てます。
メンバーにも伝えてなくてまだ書けないものもある。



決定&進行中の活動

・スローライフのススメ
・ルーシーダットン、東洋医学ワークショップ
・免疫力・排泄力up自己防衛ワークショップ
・ケイタイ活用、SNS入門ワークショップ
・各種署名活動
・放射能対応波動水配布NPO
・9.27田中優さん講演会@南相馬
・9.9郡山イベント
・9.18風とロック〜SUPER野馬追い〜相馬公演
   
・はらがま復興朝市
・9.4松川浦未来ゼミナール第2回
・ハッピーアイランド新聞配布

and more・・・・


復興につながることのお手伝いをしながら
放射能の危険を伝える活動をすることを
非難されたこともあり、葛藤しました。

そんときはしんどくって
チームのメンバーに話して、手放して、救われた経緯がありました。



どっちかを置き去りにすることはできないのが
ここの現状です。

沿岸部の復興も急ぐ理由があるし
ほっといていい放射線量ではない。

だからどっちもやめないんです。

文句ある人とも話をしていくよー。
ケンカしたいわけじゃないからね。

未来をちっとでもまともにして
子どもたちに還したい。
それだけなんだよ。



その辺のことは以前本職ブログに書きました。

「復興VS放射能??」
http://napia.seesaa.net/article/215110179.html


ボランティア、とはちょっと違うと思う。

好きでやってる「部活動」。

あれからもうすぐ半年です。

今日と明日はどう違っていくんだろう。




どんなスポーツもオフェンスとディフェンスがあるように
一体で初めて成り立つ。


ここはそんな場所なんだろうと思いながら、
もちょっと整理して発信することにいたします。

posted by hozumi at 01:26| Comment(2) | TrackBack(0) | hozumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。