2011年09月04日

【EVENT】9.4 松川浦ゼミ「危機を乗り越えた町のデザイン」


【第2回松川浦の未来を語るゼミナール】

「危機を乗り越えた町のデザイン」 
   〜伊藤香織氏(東京理科大准教授)講演会〜


世界には様々な危機があり、それによって大きなダメージを受けてきたまちがたくさんあります。
しかし、それを乗り越えて良いまちを作っていこうという意志を持った人たちがいることもまた事実です。
自然災害だけでなく、戦災、爆弾テロ、貧困と麻薬犯罪、独裁政治など、危機を乗り越えてまちを再生した
世界の事例をご紹介します。
地域の良さを見つめ直しつつ、まちの未来のために、新たな空間デザインの可能性を、
参加者の皆さんと一緒に考えてみたいと思います。



【日時】 9月4日(日) 13:30〜

【会場】 福島県相馬市総合福祉センター「はまなす館」 2F会議室

         (相馬市小泉字高池357  0244-35-1905 )

  入場無料  先着100名




申し込み・お問い合わせは実行委員会事務局まで
 

◎主催:松川浦の未来を語るゼミナール実行委員会 
  〒976-0022
  福島県相馬市尾浜字南ノ入241-3 NPOフー太郎の森基金内
 TEL/FAX 0244-38-7820

◎後援:相馬市 相馬市教育委員会





毎月1回・全8回にわたり、このまちに生き、暮らしていく私たち自身が
自分たちのまちを希望溢れるものに再建していくためのビジョンを
各方面のオピニオンリーダーに学び、そして考え、語るゼミナール。


先月開催のゼミナール初回講演は、
佐藤栄佐久氏(前福島県知事)による「原子力と地方自治」についてのお話を
伺いました。


栄佐久氏は福島原発のプルサーマル化に反対の立場を取り続けていました。

そのため、推進派に失脚させられたのだ、と
いう話も耳にします。

いわき市で開催されたハイロアクションのイベントなどでも
その胸の内や、長年この自治体の首長として葛藤した日々のことを
打ち明け始めた栄佐久氏が、この相馬で語った貴重な講演内容を動画配信しています。

こちらから↓
USTREAM 松川浦の未来を語るゼミナール
BY.Somania TV



どうしたらいいかわからないとき
そのスジの詳しい人に聴くのが一番です。


知りたいことは勉強しましょう。

知らないとどうするか考えることもできないからね。




当日、ホズミも会場におります。
進行係です。

動画配信担当は、わんらぶメンバー・志緒里店長です^^



未来を、創れるとしたら
どうしたい?

ちょっとだけ
自分のこととして
まちのことをイメージしてみる。


このゼミ、若者不足中なんです。。。。

助太刀しに来てほしい。。。

日曜、13:30、はまなす館。


よろしくです!!!












posted by hozumi at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。