2011年10月25日

震災2ヶ月前の写真


ホズミです。

風の強い夜です。
長友グラウンドでストロンチウム10000ベクレル検出、は
マジでしょうか。

こないだのMAPの数値をさっくり超えまくってるんだげんちょも。(超えまくってるんだけども。の意)

この土地は寒くなると山から降りてくる強い西風が吹きます。
放射線物質、舞い上がります。
マスク大事。

マスク、夏場は暑くって辛かったんだけど
(私はハナの頭に汗をかく習性があるのでマスクが湿っちゃうのだ)
小顔効果アリなことに気づく。前向きにゆこう。


わんらぶにおいてネックなのが
白熱ミーティングも終わってみると議事録ひとつ取ってないし
集会の記録もほとんどないこと。
熱中しすぎて、いつも忘れてしまうのデス。

ルーシーはすべての更新を携帯でしてるので無理としても
写真で伝わることも多いじゃんね。と今頃気づく。

なので最近はガンバって写真撮るようになりました。

わんらぶだけで完結することばかりじゃなくなってきて
経緯や進行状況を共有する必要が出てきたということもあるけど。

はい。つまり必要に迫られてやっと、ということです。
ズボラなので。。。


それで、いいことがあったのです。


ほぼ出番がなかったデジカメを出動させて
あるプロジェクトの写真を撮って。
紛失してたPCに繋ぐケーブルをめでたく発掘して
いざ取り込みしてみたらざっと600枚のデータ。
(私んじゃないのでほぼ母目線のココロの記憶的ですが)

その中にこんなのが。



CIMG0599.JPG

震災2か月前2011年1月14日の松川浦。



CIMG0600.JPG

祖父の法要の会場のホテルから撮影。


CIMG0609.JPG

(四十九日だから礼服なホズミ。袋の中身はお膳で出た松葉ガニ)

それなりに長く住んでるのに
高いところから松川浦を見下ろしたのが生まれて初めてで
その美しさに感激して写真を撮ったのでした。

が、忘れてたの。。。えへ。

見つけてられてよかった。


松川浦は壊滅状態です。

1枚目の写真は松川浦大橋。
ちっちゃいベイブリッジみたいでしょ。

このアングルから右手の方へ行くと
太平洋と松川浦の間をどこまでも真っ直ぐに突き抜ける
サイコーに気持ちいい道路がありましたが
津波で道が寸断され、その先にあった磯部地区は荒野になってる。
その途中、大洲公園の周辺に
ラムサール条約の候補になるほど豊かな生態系を誇った県立公園のど真ん中に
放射能の汚染土を一時保管しようとしています。
市議会はすでに通り、予算もついたとか。


私はこの松川浦から目と鼻の先にある場所で生まれ育って
この海があるのがもう当たり前で
毎年夏になると、大勢の観光客が時間とお金をかけてわざわざやってくる意味が分からず
自分の海が横取りされるみたいでちょっとやだったりもしたけど
知らないことがたくさんあって、ありすぎて。

「松川浦の未来を語るゼミナール」の実行委員をする中で
失くなってしまったものを愕然としながら遡って追いかけるように
改めて知り直しているけれど、無知と無関心はとことん罪だと思う。

ずっとずっと昔から
この豊かな海の恵みと美しさと心地よさにあやかって
生きてきた人間たちのくせに
守ってやるどころか、どうしようもないモノを
一番キレイだった場所に置くことしか選べないなんて。


来月のゼミナールは課外授業。
この松川浦を自分の目で見ながら自分の足で歩きます。

チラシ4回目.JPG


雨天決行。
相当長い距離ですが、車で通り過ぎるのでは見えないものがあるはず。
お弁当持って。おやつ持って。きっと泣けてしまうけど。
ちゃんと見ておこうと思います。
写真も忘れずに。

いつも参加者年齢層高めでちょっとさみしいので
道連れになってくれる人絶賛募集中。
わんらぶに連絡ください^^→mailonelove@gmail.com



写真出しついでに。


3月11日。ムスメ卒業式。

CIMG1538.JPG


コレの次の写真が、




CIMG1546.JPG

コレです。
実家。

さっきの松川浦ベイブリッジのたもとから歩いて3分くらい。


少しずつ書いていきます。
吐き出せそうな気がしてきました。




posted by hozumi at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | hozumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

リクオさんに出会った〜(ウルルン調)


ホズミです。

昨夜相馬市フレスコキクチの会議室で開催された
リクオさんのライブに行ってきました。

前回の記事、葛藤4部作と同じ頃、
リクオさんも「葛藤」していた一人です。
リクオ氏の「葛藤」


相馬の人間ですが、キクチの裏にあんな建物があるの知らなかったよ。。。
蔵、なんです。でも会議室にしてるとか。

おそるおそるぽてぽて歩いていくとこんな看板(?)

DSC_0390.jpg


一気に和む(笑)



相馬人M氏に挨拶して会場内でてんちょと合流。
・・・図々しく最前列ゲット(^Д^)v♥
リクオさんのキーボードと歌に
どっぷり!浸からせていただきました。

九州や高松から相馬まで来てくださった方たちもいて
最後はなんとリクオさんと観客とスタッフ全員で記念撮影!!!
ないよね〜フツー(笑)

リクオさんか相馬人M氏のブログに載るかもです^^



得るものがいっぱいありました。

すべてのことはメッセージ。
ユーミンのカバー曲「やさしさに包まれたなら」を聴きながら。

わからないままおわるそんなのはいやだ。
まさかの「アンパンマンのマーチ」を聴きながら。

計画停電の中行われていた
ミュージシャンたちの「遊び」の話を聴きながら。


終演後、「あのホズミちゃんだよ」と紹介していただいて
ご挨拶させてもらったけれども

さっきまで鍵盤の上を優雅に軽やかに踊っていた手から
「がんばれ」って一言も一度も言わなかった柔らかな笑顔から
やさしいやさしい彼の音楽そのもののような光が出ているみたいで
「ありがとうございました」しか言えませんでした。

握手を解きたくないくらいの癒やしオーラ。

ホズミはまたステキなおっさんに出会いました。
(失礼)


今の相馬で何かをしようと思うと必ずぶつかる壁。
来てください、って言いづらい。

派手なことや賑やかなこと、楽しむこと、
不謹慎みたいで。

ここにいること、自分で決めた自分たちのために
ここを訪れてくれるひとたちがいる。


葛藤は終わらないけれども。



ステキなステキなステキな夜でした。

放射能のかわりに音楽が満ちた夜。

音楽って、すごい。

なぴあでもできるといいな、ライブイベント^^


リクオさん
相馬人M氏
そして関係者のすべてのみなさんに

感謝。
ラベル:リクオ
posted by hozumi at 10:50| Comment(3) | TrackBack(0) | hozumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

【EVENT】集会10.29のご案内

今月も集会しちゃいます。

今回のテーマは「つながる」


ネットも無かった頃は地域のかたいつながりがありました。
そして、ネットも発達した現在はゆるいつながりが可能となりました。
どちらが良いか、悪いかではなく、今を乗り越える為にどうつながりを活用していくべきなのか。
とことん語り合いませんか?

ブログ、Twitter、Facebookと手軽に情報発信が可能となった今、相馬から全国、世界へ向けて。
どのような事が自分たちには出来るのか?


ナマでリアルに繋がりあったその先の情報共有に。
何が正しくて何が起こっているのか、
待っていては本当のことがわかりづらくなってしまったこの混沌の時代を能動的に生きるために。


私たちはいろんな手段を駆使して
つながり合ったり
情報を求めたり
声に出したいことを拡散したりしています。


遠く離れた親愛なる仲間たちや
愛ある支援者たち
まだお会いしたことのない人たちにも
リアルタイムでつながっていられる。


これがなかったら、私たちはとても盲目で、無知で、孤独だったはず。



前回からの報告やこれからのプロジェクトの説明もてんこ盛りあります^^

初めての方も、ふつーに参加出来ます。怖くないよ〜(笑)
のぞきに来てください。
遊びにきてください。

しゃべるの苦手な人もぜひ。怖くないよ?(笑)←何度もいうと余計あやしい?


ちなみに前回は述べ30人くらいが参加。

19時頃始まった酒場懇親会は
深夜どころか早朝まで続きました((;^ω^)。。。
そこから生まれる企画もあるのだ!


参加表明していただけると、
席や料理のボリュームの覚悟が出来るから助かります^^

さて、詳細!どん!


あ、今回は会場がなぴあではありません!!

志緒里本店で行いますので間違わないでね〜。




TEAM ONE LOVE 10.29
 ルイーダの酒場的集会 〜つながりは∞〜


【日時】 2011年10月29日(土) 17:00START

【場所】 志緒里 本店
      福島県相馬市中村字大手先45  TEL0244-37-3915


【参加費】 お一人様 ¥500 (1DRINK付き)

※終了後懇親会は別途持ち込み必須

※※駐車場には限りがありますので乗り合わせ等ご協力お願いします。




☆懇親会☆
ポットラックパーティー

集会終了後19:00頃〜


☆参加費は無料☆
みんなで食べられるFOODを一人一品と
自分が飲みたいものを持参してください。


前回の集会9.24のご案内も参照いただけたら幸いです。



参加表明はホズミ、ルーシー、てんちょに直接何らかのカタチでアピール!

もしくは
この記事にコメント。

もしくは
mailonelove@gmail.comまで。

問い合わせ、質問なども同様に^^
 


当日のご連絡は志緒里本店(0244373915)へ直接お願い致します。

 
月に一度のわんらぶ集会。

自分たちで動かないとなんにも始まらないし終わらない。
そろそろ思い知ってきたころ。


ギアを一段階上げて、踏み込む。

現実的なアクションがいくつか生まれてます。
そのひとつ。
DSC_0381.jpg


今まだいえないけど。
近日発表よてい!
(しっぽとお尻だけ特別出演・みみりん♀3才牛柄)


DSC_0385.jpg

知る努力も怠らず。

葛藤は今日も付き纏うけど。前進したい。
少しでも斜め上に。


10.29
エネルギーを充電する日。

待っています^^




posted by てんちょ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

葛藤。

ルーシーを酸欠にするほど白熱したミーティングを
日々繰り広げているホズミです。
(なんだかな。)

彼は腹が立つほど冷静に状況を分析するので
私は安心して脱線させるのですが
最近は脱線先も盛りだくさんなので
さすがのルーシーも疲弊するらしい。

私もここ数年なかったほど本気で物事考えているので
それなりのダメージがあります。
心地よいくらいの頭痛といっしょに。


私は16になったムスメと
今も相馬市で暮らしています。

福島原発3号機が爆発した時に
いったんは着の身着のままパソコンすら持たずに山形県側に避難して、
その後ムスメだけは静岡へ。
私は宮城県亘理町で津波被害を受けた母宅の復旧をしつつ
状況を見守りました。

延び延びになっていた高校の入学式の日程が決まって
ムスメは相馬に戻ることを望みました。
私たちは話し合って、覚悟して、ここにいることを決めた。


同じ町にいたのに、相馬人M氏とは今回のことで初めてのご縁でした。
(有名人なので存在はもちろん存じ上げておりましたが。)
まともにゆっくりしっかりお話したのは一昨日が初めてです。

M氏と話して、状況を再確認できて、改めて葛藤。


・・・・・・ムスメを相馬に戻すべきではなかったのかもしれない。


うちのムスメはおそらく相馬市内の高校生の中で一番ってくらい
放射能関連の講演会に出ています。
一般のオトナたちに比べたらかなりの知識があるはず。
半ば義務として、彼女を私が関わる催しに巻き込んでるからだけど。


いのちに関わる選択を本人に託すのは
私が親としての責任から逃れたいからなのかもしれない。

憎まれてでも、親のエゴでも、
なんと言われても、ここへ戻りたいという望みを叶えるべきではなかったのかもしれない。

高校は、小中学校と違って校庭の表土の掘削など行われません。
現に、夏休み前より、測定値が上昇しています。

「放射能があるからといってこの世で一番不幸な場所ではない」
それはここにいることを正当化したいためのコジツケ?


ムスメを相馬の高校に入れて半年。
消えるわけのない葛藤。


怒り。というよりも、途方もない不安。

一生涯に渡って、甲状腺検査をすることになる、その事実と、
昨日届いた、全県民対象の健康調査書が
ざわざわした落ち着かなさを連れてくる。


彼女がもっとちいさなちいさな彼女だったら
抱えて必死で逃げたままだったはずだ。

私よりも大きくなって
私より早く走れるようになって
私にはいない彼氏もいて
でもそれでも今も抱えて逃げてやるべきかもしれない。

津波から逃れるならそうしただろう。
ゆっくり来る見えないものからは守ってやらなくていいんだろうか。


彼女がまもなく大人になって
結婚するとき、

子どもを身篭ったとき、

それ以前に、

もしかして健康を害したとき、

私は今よりさらに尋常じゃない
不安だとか、恐怖だとかに苛まれるはずで。


そのとき、自分を正当化したり
誰かのせいにしたりしないように
今の葛藤を、ここに残しておこうと思います。

そして明日から、今日までよりもさらに、
ここで生きることに決めてから重ねてきた、
自分とムスメとを守る工夫と対策を、
セメテモノ救いみたいに強化する。

そしておんなじように葛藤の中に溺れそうになりながらここにいる
すべての母親たちとそれを共有していくんだ。

急かされながら、その準備をしています。

なぴあはうすはもうすぐ
そんな私たちのアジトになるから。

もちろん逃げる覚悟が出来た、
私よりも強く賢く美しい誰かには、
その手助けもできる用意がちゃんとあるから。


頼ってくれるみんな。

福島をはじめとする、汚染地域と呼ばれる場所で
今も子どもたちと生きるオトナのみなさん。

迷いは私にもあります。

自分で、考えて決めても、葛藤は消えない。

私たちは私たち自身で
ここにいることを選んでる。
事情や理由はさておき、それは事実なんです
拘束されてるわけではないのだから。


それを踏まえて、悪あがきしましょう。いっしょに。
ここにいたい気持ちを諦められないうちは。



相馬week来て下さるみなさん。

ようこそ、と申し上げにくい町です。

どうか、安易にではなく、相馬に来たい気持ちとご自身の本能的な危機管理能力に
折り合いをつけることを大切にしてください。

歓迎、したいです。お一人ずつをハグしたい。
でもフクザツです。

ここは今もまだ有事です。

うまく、言えませんが。。。どうしよう。。。

イスカンダルは遠いし。。。



今日のミーティングの口火はモーガン・フィッシャー氏についてでした。
夏のはじめに、MLIMMとはまったく別のところでお会いした経緯があって
山口洋さんといっしょにやってたひとなんだと教わりました。

8月のARABAKI出演の前に店に立ち寄ってくれたときに
山口氏もそうゆってたな。。。と思い出したくらいで。

不思議な縁を感じる。


私の無知と無頓着を必死に補おうとするルーシー先生に労いを。

そして
敬愛するやんちゃなおっさん相馬人M氏の「葛藤」

そしてそして
相馬人M氏との打合せ中散々てんこ盛り噂話しまくりました山口洋氏の「葛藤」


「葛藤」3部作。
震災後7ヶ月が過ぎた戒めの夜に。


【追記】

もしやと思ったらやっぱりこの方も中野貴氏の「葛藤」

4部作。


いつか、あったかい言葉のリレーが続く日まで、続く葛藤。

3人のアニキたちへ、愛と感謝を。




posted by hozumi at 02:25| Comment(4) | TrackBack(0) | hozumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

MY LIFE IS...12月相馬ウイーク


MYLIFE....jpg


ホズミです。

ここんとこ寒くなって
わさっとしまい込んでた長袖を引っ張り出してるんだけども
震災の後すぐの頃着てたヤツなので
焦りとか、緊張とか、思い出して軽い動悸。
季節は巡ってる。
コタツ出そうか、悩む頃。



私たちはあれからずっと、そして今も、
多くの人たちに支えられています。
想いを届けてくれているすべての方たちに感謝したい。
その気持ちは今も変わりません。

その中でも、縁あって
直接私やわんらぶ、そしてこのまちに
関わってくれている方たちのことを
紹介していきたいと思う。

どんな人が
どんな想いで
私たちを見守って居てくれているのか
知ってる限りを一人でも多くの人に伝えること。
それも大切な役目だと思うから。



Chloe red presents
被災地復興支援プロジェクト

MY LIFE IS MY MESSAGE.
プロジェクト公式サイト


17でヤンママになったために世間の女子の常識というものが
完全にスッポ抜けてる私でも名前くらいは知ってる
パリの高級ブランド「Chloe」(クロエ)

そして

ロックバンド「HEATWAVE」
山口洋氏


アクセサリーブランド「knife✽acoustic groove✽」
デイレクター中野貴氏


全くジャンルの違うプロフェッショナルの方たちが立ち上げた
相馬をピンポイントで支援するプロジェクトです。


そもそも出会いはコレ。

「ホズミはガイガーカウンターを手に入れた!」なぴあはうすBLOG



その頃すでにあちこちで動くようになっていてカレンダーが真っ黒だった私は
何が起こっているんだかちゃんと把握しないままだった。

事の重大さが分かっていない軽いノリの報告。
その上このプロジェクトのキーマンな中野さんが誰だかわかってないという失礼具合。


山口洋さんがご自身のブログで私のことを書いてくれたことで
ファンの方たちがなぴあのブログを訪れてくれるようになったり
少しずつ事の全容が分かってくる中で
このプロジェクトの根幹となる、東京・渋谷でのライブにもお邪魔させてもらうことができました。

DSC_0323.jpg


11083001.jpg



11083002.jpg

私もだけど

いただいた支援の背景を知らずにいては
それは人としてどうかと思う。

私たちがここに生き続けることを前に
本来なにも責任のない
お金を出す必要も全くない人たちが
私たちの気づかないうちから
遠い場所で
相馬のためだけに動いていた。


プロジェクトのサイトから
ご本人たちのブログ記事から
知ってください。これまでのことを。



まちの細胞はヒトです。
否応なく活性させられる感動とパワーが湧きます。

もう、義務で、知ってください。



そして、彼らがまた相馬に来てくれます。

被災地復興支援 チャリティーライヴ

Chloe red presents
“MY LIFE IS MY MESSAGE” Vol.4

SOMA WEEK

2011年12月5日(月) 〜12月12日(月)
福島県相馬市・南相馬市・東京青山 各会場
      


 


1、12月5日(月) 福島県南相馬市 障害者自立支援施設えんどう豆

えんどう豆で膝を交えて食事会


(一般の方はご参加頂けません)


障害のある方の為の自立研修所「えんどう豆」にて、PTAの方やボランティアスタッフの方に向けた、食事会を行います。12月5日の12時から開催します。詳細は後日お知らせします。


 


2、12月6日(火) 福島県相馬市 中村第一中学校体育館

アイルランドと相馬市の子供達の交流会


(一般の方はご参加頂けません)


ハンディキャップのある子供達と、音楽や踊りを通じて交流します。12月6日の10時から開催します。詳細は後日お知らせします。


 




3、12月6日(火) 福島県相馬市 FOOD&BAR 101

アイルランドと相馬市の親睦会

(他府県からのご参加をお待ちしております)

参加=山口洋(HEATWAVE) / リアム・オ・メーンリィ(from アイルランド) / アイルランド大使 / 中野貴(MY LIFE IS MY MESSAGE プロデューサー) / 國料一成(Chloe red) / 森田文彦(モリタミュージック)


会場 FOOD&BAR 101 福島県相馬市中村字桜ケ丘21 0244-36-5019 →WEB PAGE

詳細は後日お知らせ致します。





4、12月10日(土) 福島県相馬市 FOOD&BAR 101

LIVE IN SOMA CITY

(他府県からのご参加をお待ちしております)

出演=HEATWAVE山口 / Akeboshi


会場 FOOD&BAR 101 福島県相馬市中村字桜ケ丘21 0244-36-5019 →WEB PAGE


参加=中野貴(MY LIFE IS MY MESSAGE プロデューサー) / 國料一成(Chloe red) / 森田文彦(モリタミュージック)


ライヴ終了後、他府県の皆様と相馬市の皆様との交流会を行います。詳細は後日お知らせ致します。


 


5、12月11日(日) 福島県南相馬市 障害者自立支援施設えんどう豆

えんどう豆で缶バッチ製作を体験をしてみよう

(他府県からのご参加をお待ちしております)

参加=中野貴(MY LIFE IS MY MESSAGE プロデューサー) / 國料一成(Chloe red) / 森田文彦(モリタミュージック)


12月11日の午前中に開催します。詳細は後日お知らせします。


 


6、その他

12/10〜11の相馬市でのご宿泊について


南相馬市では10月1日に緊急時避難区域の指定が解除され、その近隣の地域でも宿泊施設等の確保が難しくなっております。下記宿泊施設では、ご予約の際に「モリタミュージックからの紹介で」と言って頂きますと、優先的に受け付けております。是非ご利用下さい。(先着順)


相馬ステーションホテル 〒976-0042 福島県相馬市中村一丁目8-20

 TEL:0244-35-1121 FAX:0244-35-5115 →WEB PAGE



福島県相馬市までの交通について


JR福島駅、仙台駅から、福島交通の高速バスをご利用下さい。 →WEB PAGE

相馬営業所(相馬市中村字錦町1-3)で下車して下さい。



 




7、12月12日(月) 東京 青山CAY

東北復興応援コンサート アイルランドから歌の贈り物

(皆様のご参加をお待ちしております)

出演=リアム・オ・メーンリィ / HEATWAVE山口洋


開場18:30 / 開演19:00

チケット料金=前売¥5,000 / 当日¥5,500 税込・ドリンク代別

チケット販売=10月8日(土)より青山CAY、イープラスで発売

問=プランクトン 03-3498-2881
 →WEB PAGE

*収益金の一部は被災地に寄付されます。




 



相馬の人よりも
相馬のこと考えてくれている

こんな人たちが味方なら
不可能なことなんてないと

私は信じています。



posted by hozumi at 00:30| Comment(3) | TrackBack(0) | hozumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

福島つながる

震災後、相馬だけでなく福島県内で色々なグループ・団体が立ち上がりました。
もちろん、震災以前から活動をしていて更に活発に動かれているところもあるでしょう。

このTEAM ONE LOVEの根底にあるものの一つ、「ゆるいつながり」。
硬いつながりになってしまうと、どうしても無理が出てくる。
それぞれ本業があって、頑張っている。
それ以外で「出来る事をやる」「頑張り過ぎない」そんなTEAM。

この先、TEAM ONE LOVEの活動を長い期間続けていかなくてはならないと少なくてもてんちょは考えている。
そのためにも「頑張りすぎ」てはいけないのだ。

でも、福島の「ゆるいつながり」のためてんちょはちょっとだけ頑張ってきました。
今回繋がった人たち、もちろんTEAM ONE LOVEに反映させていきたいと思っています。

何かがはじまるよ ステキな事だよ
posted by てんちょ at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | てんちょ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

放射能対策まつりに出展ちゅう




ホズミです手(チョキ)

須賀川市にあります、銀河のほとりにきています。

例年、収穫祭的な意味合いで開催していた銀河まつり。
今年は放射能対策の博覧会みたいになっています!










ホズミは只今、細胞が元気になる波動水
エムレットエンジェルウォーターの配布ブースを出してます(^^)




店内大にぎわい(^^)



ソーラーパワーでポップコーンなう!






食品の測定器も!
ホンモノ初めてみました。



たけ炭のおまもり



お野菜や手作りおやつもたくさん。









集結。まさに。

福島の今。


みんな元気に。
明るく。

生きていく知恵と工夫。

取り急ぎ写真で報告でした。

posted by hozumi at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | hozumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。