2011年12月09日

ホズミ目線前半報告と、みんな!明日ね!!


MY LIFE IS MY MESSAGE.の持つ力と勢い。
いろんなことがあって
なんだかなんにも書けずにいました。

明日。
とうとうライブの日が来てしまう。

とてもうれしくて、ちょっとさみしい。そんな気持ちが伝わるかな。
遠足の前の日みたいなそわそわ。

プロジェクトの中心である愛すべきアニキたちもそれぞれに言葉に表してる。
同じ現場で見ていた私の目線からの報告をしてみたいと思います。



某新聞のミッションが始動して無事に間に合うかどうかの瀬戸際を
ハラハラしながら過ごしてる真下で
楽しみにしてたSOMA WEEKは始まりました。

前日から仕込みをしてくれていた藤沢の必殺料理人チームのお手伝いになればと
張り切って準備の会場に。

DSC_0553.JPG


7月のひばりさんイベントのときもいらしてくれてたんだけど
ちゃんとご挨拶できたのは今回でした。

DSC_0548.JPG

前日の仕事の成果が光る。
段取りサイコー^^カンゲキ!

メインは八丈島の「島寿司」。
新鮮な魚をヅケにしてます。
これを和カラシで握るのです。

相馬に戻る前、3年間八丈島に住んでいたホズミは静かに感涙。。。

そのなんともはやな偶然にシェフもびっくりΣ(゚д゚lll)。。。
こういうナイスなシンクロ?って最近いっぱい起きます。

DSC_0557.JPG

和食が専門ではないとゆってたけど、サクサク握っていく所作が美しくて。

DSC_0555.JPG

手作り胡麻豆腐。(つまみぐいしちゃった。絶品)

DSC_0556.JPG

蓮根の煮物。
イカとワタの炒め物。


飯舘村を通ってたどり着いた山口洋氏といっしょに
食事会場となる「えんどう豆」さんへ。


こちらに到着していた中野氏と合流して

DSC_0560.JPG

レアですね。お給仕なアニキたち。

手前の頭の主は「うっかり八兵衛」くん。




DSC_0571.JPG

みんな。たくさん食べてくれました^^



DSC_0566.JPG

シェフ、ごあいさつ。
やさしいやさしい顔です。


DSC_0578.JPG

えんどう豆のみなさんの声に真剣に耳を傾ける貴公子。



DSC_0574.JPG

ここからの景色。

おんなじこと思ってたんだなーって、
後にアニキたちも似たような景色を切り取ってたことで気づく。


DSC_0577.JPG

シェフ、山口氏、もりたん氏(もういいよね、伏せなくて)。
ここはこんなにきれいで、でも普通じゃなくて、
くやしいってため息。

見た目悪そうなアニキたちですが、
ここの現実を、自分のこと以上に受け止めて、
人一倍傷ついてくれているんだって、
背中でわかります。




DSC_0575.JPG

全てのことを支えてくれている全国のみなさんへ、
細やかに、つぶやく貴公子。




DSC_0583.JPG

明日のイベントで歌う歌の練習にギターを弾く山口氏。
やさしいやさしい顔をしています。

(ガラス越しに撮影。見づらくてごめん)


DSC_0580.JPG

えんどう豆さんから、必殺料理人たちへお礼にと
シェフのお店の名前が入った缶バッジをプレゼント!


えんどう豆さんでは飲料水にペットボトル入りのお水を使っていましたがそれがもう残りわずか。
買出しも大変だろうから、って、
プロジェクトからサーバー式のミネラルウォーターを寄贈。
業者さんが定期的にお水を届けてくれるので安心。
熱湯に近いお湯も出るディスペンサーなので、危険がないように、と
担当の方にしっかり確認する中野氏の配慮にリスペクト!

このあとみんなで記念撮影して、また明日会おうねってお別れしました。
ずっとずっと手を振ってくれていた。


間髪入れずに必殺料理人たちは片付けを済ませて帰路に。
かっこよすぎます。。。。
ぜったい、藤沢に会いに行く!


別部隊は翌日のイベントの準備に会場のはまなす館へ。
意外だったのは山口氏の仕切り。
元式典屋だとかいう彼の指示と動きはとっても明確で合理的。

DSC_0586.JPG

ステージいっぱいの愛。
子供たちの力って、やばい。

この絵が届いた、と、知らせがあった日、とても凹んでいた私は
このパワーにとっても救われたのでした。



DSC_0588.JPG

相馬の子供たちへ、たくさんの贈り物。


アイルランドからのティン・ホイッスル
矢井田瞳さんからのロゴ入りタオルとポーチ(なんとメッセージつき!)
(株)ダニュウさんからのあったかいルームシューズ(かざみん、らぶ!)
鎌倉・小川軒さんから手作りのロゴ入りクッキー(ちゅうそんさん、らぶ!)

DSC_0594.JPG

SOMAって、書いてある。これまたうんまい!!

うふふ。クッキー越しに3人のアニキたちと
リアムを連れてきてくださった社長さん。

偶然ないすしょっと!



翌日アイルランドと相馬の子供たちの交流会スタート。


DSC_0608.JPG

リアムさんはおおきくって、おヒゲで、キラキラの目の
やわらかいやさしい人でした。

リハーサルの歌声で鳥肌。
子供たちに向ける笑顔の大きさに感涙。

会場いっぱいの子供たちのコーラスや手拍子の渦の中
気持ちがほっこりと緩んでいくような声で歌ってくれた後
プレゼントのティン・ホイッスルを、私たちスタッフといっしょに直接子供たちに手渡すリアムさん。

赤い服じゃないけれど、本当のサンタクロースに見えたかもしれない。

子供たちに注がれる彼の眼差しに、横で見ていた私まで癒されました。



DSC_0614.JPG


子供たちは、被災した船の大漁旗をリメイクしてつくった法被をまとって
いっぱい練習したよさこいを披露してくれました。

養護学校は、体育館がないそうです。
外で活動できない町なのに。
私、それを今回まで知りませんでした。

体いっぱい使ってリズムを取る彼らのひたむきなエネルギーにもうウルウルで。。。
これまた踊りが超!うまい!!!\(◎o◎)/!

踊り終わって肩で息をする少年たちの誇らしそうな笑顔。素敵だった。



そしてえんどう豆さん。

DSC_0617.JPG


DSC_0624.JPG

山口氏の伴奏で、昨日練習していたこの曲。

昨日、聞いたときに、これは我慢できないんじゃないかってわかっていました。
歌詞を作っているのが代表の佐藤さんなのですが、
ココロに刺さりまくりで。

この人たちは、何も多くを望んでるわけじゃなくて。
何も悪いことしていなくて。

「いまは君がいれば 何もいらない
いつか普通の暮らし 必ずできるよ」

そう歌われることを知っていたから覚悟をしていたのですが

彼ら自身や、彼らを守り続けている佐藤さんの気持ちが、
あんまりにもキレイで。

涙が止まりませんでした。

主催側の人間、みんなが涙を我慢できなかった。
(そうです。「みんな」です。)
みんな泣いてるから、またさらに泣きたくなって。
佐藤さんも泣いてるし。


辛くて、悲しくて、今までのことも
不安で、わからないことが多くて、これからのことも
みんなで泣けてしまって、
でも、そんな気持ちでも
それぞれがそれぞれの立場で支え合っていることが
手に取るように感じられて。

そのあったかさで、また泣いて。


即興で、リアムさんまでピアノで伴奏に参加してくれて。

またまた泣けて。


あんなに主催も演者もスタッフもが泣いてるイベントは珍しいと思う。

サイコーのイベントでした。
届くかな。






DSC_0628.JPG

沿岸部も見てくれました。
真ん中が山口氏とリアムさん。

わたしの実家も見てもらいました。
・・・英語、勉強したいな、って思いました。(リアムさんガンバって理解しようとしてくれました)


DSC_0630.JPG

大使とアニキたち。




地震がなかったら

津波がなかったら

原発が壊れなかったら

避難区域になっていたら


全て、行われるはずのなかったこと。

出会うこともなかったひと。


そのへんのことはうまく言葉になりません。

どう文字にすればいいのか、
ライブが終わったらわかるだろうか。



そんな不思議な感覚を抱えて

SOMA WEEKは、後半戦へ。


DSC_0639.JPG


かえる。届きました。


相馬人、皆さんが結集してくれる明日を
ちょっぴりキンチョーして
お待ちしてます。

友達が、一気に増える。

そんな図々しい想いで。


お天気はダイジョウブみたい。

すでにきょうも冷えてきました。

どうかお気を付けて。



みんな!明日ね!!!!!














posted by hozumi at 16:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ぼうけんのしょ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んでても涙でます。
今日は、明日は相馬だと思うと
なんとなく潤う目玉。
ほずみん、明日はリアルハグよー。
Posted by 高松より at 2011年12月09日 20:57
>高松よりさん

待ってる!
待ってるにょ〜(’-’*)!!
Posted by hozumi at 2011年12月10日 07:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。